ニッサンのエコカー

安心と信頼のニッサン車で、減税対象車のエコカーを手に入れましょう。日産の自動車は安心感があって乗り心地も良く、人気も高いですね。かくいう我が家もずっと日産車に乗っています。子供たちを乗せるファミリーカーにはセレナを、パパの通勤には小回りのきくキューブを使っています。

さてそんなニッサン車ですが現在乗り換えを考えているなら断然オススメなのが、今話題のエコカーです。エコカー減税ってご存知でしょうか。エコカーに乗り換えることで、自動車に関する税金が減免される制度です。この減税率はエコカーの種類やエコの度合いによって異なります。最も高い減税率が、自動車重量税と取得税が100パーセント免税されるものです。今話題のハイブリッドカーが対象車になるのですが、日産車では大人気のエクストレイルがこれにあたります。

エコカー減税対象車になっているのは、ハイブリッドカーだけではありません。低燃費・低排出ガス車もエコカー減税の対象になります。低排出ガスがステッカーで4つ星・燃費基準が平成22年度基準で+25%達成の自動車なら、自動車重量税と取得税が75パーセント減税されます。

今人気が高いのがこの75パーセント減税車に認定されている自動車です。ファミリータイプのミニバンで絶大な人気を誇るセレナや、コンパクトカーとして人気のキューブ・ノート・ティーダなどがラインナップしています。超高級車のフーガも、軽自動車のピノもあります。

同じ車種でもグレードや仕様によって、50パーセントに減税率が変化します。エクストレイルが良い例ですね。でもエコロジーを考えてもエコノミーを考えても、地球環境に配慮した自動車を選んだほうが良いですよね。地球の未来もあなたの生活も快適にサポートしてくれる日産の車で、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

Recommend!

新型FCV(燃料電池車)の発売、特許の無償公開で注目を集めるトヨタ。一方、日産はEV(電気自動車)の量産化に力を注ぎ、普及に向けて攻勢をかける。進化を続ける次世代車の現状を比較する。
エコカー対決 FCV(トヨタ)vs.EV(日産) | 月刊「事業構想」2015年3月号
日産には、電気自動車(EV)をはじめ、エンジン進化型エコカーのPURE DRIVE(ピュアドライブ)など、減税対象車がそろっています。ニッサンのリーフなどのEV・エコカーなどの情報.
日産エコカー・ハイブリット一覧 - エコカー減税|助成金とは?
ピーリングは皮をはがすのでお肌に悪いとか、肌の弱い人には刺激が強すぎる、とかの意見をよく聞きます。 しかし、ピーリングは日本皮膚科学会でも認められたちゃんとした美容方法なのです。 ピーリングは出来てしまったシミの排出を助けたり、ニキビ跡の炎症を改善します
ピーリングジェルのおすすめ